大阪風俗の遊び方

振り返る女性

今、ホテヘルといえば日本全国どこでも必ず1店舗は見つかるといっても過言ではない風俗ジャンルです。ホテヘルは、店舗で受付をした後で女の子と一緒にお店を出て、近くのラブホテルまで行って、そこでプレイするというシステムの風俗店です。自宅やホテルでじーっと女の子を待つデリヘル。店舗の奥にあるプレイルームでエロエロなことをするファッションヘルスやソープ……と違い、ホテヘルは女の子と一緒に街を歩くというデート気分が楽しめるお店なのです。
中にはオプションで「とびっこ」を付けることができるというホテヘルもあります。女の子のアソコにローターを仕込み、貴方がリモコンを持ち、ホテルへの道々スイッチを入れたり切ったりして女の子の反応を楽しめるというオプションです。ホテヘルならではのものだといえるでしょう。慣れてきたら、ぜひつけてみてください。

さて、そんなホテヘルの「聖地」となっているのが、大阪の梅田。梅田は関西を代表する都市として有名です。百貨店とかブランドショップが並ぶ通りとか、巨大な書店とか映画館とか観覧車とか、いろいろな遊びができる街ですが、そんな梅田のもう一つの顔は関西随一の「風俗街」です。
そして梅田の風俗街で最も店舗の数が多いのが、ホテヘルなのです。梅田の兎我野町あたりは特にホテヘルがひしめいていると言ってもいい地域で、街にひとたび足を踏み入れればそこかしこにキレイな女性と腕を組んでデレデレしている同好の士を見つけることができるでしょう。